企業の方もスパコンを利用できます

利用料金の詳細

ヒトゲノム解析計画とは

ヒト遺伝子の全貌を明らかにする国際的プロジェクト

ゲノムは生命の設計図

  1. ゲノムとは生命の設計図であり、 1 ゲノムとは精子や卵に含まれる親から子へ伝えられる遺伝情報に相当します。
  2. ゲノムの本体は DNA と呼ばれるひも状の物質で、A (アデニン)、G (グアニン)、T (チミン)、C (シトシン)の 4 種類の塩基 (文字) から成っています。
  3. この 4 文字の「ならび方」によってすべての生命の営みが決められています。
  4. ヒトゲノムは 30 億個の文字から成っています。また、ゲノム DNA の中で直接働いている部分 (遺伝子) は、ヒトの場合は 2 万〜 3 万個あるとされています。

ヒトゲノム解析計画は人類のチャレンジ

  1. ヒトゲノム解析計画はヒトの全DNA配列 (30 億文字) を読み取り、その働きを明らかにします。
  2. この壮大な解析計画は国際的な協力により進められてきました。
  3. ヒトの全 DNA 配列の読み取りは 2001 年に概要配列が決定し、 2003 年には全塩基配列が決定しました。また、ヒトゲノム計画に関連して、様々な生物のゲノム解析が行われており、酵母、大腸菌、線虫、ショウジョウバエなどの DNA 配列の読み取りもすでに完了しました。
  4. 現在、全染色体をカバーするはプロタイプを作成する計画 (HapMap Project) が 5 か国の国際協調で進んでいます。

ページトップへ ページトップへ

医科学研究所 東京大学

Copyright©2005-2017 Human Genome Center