企業の方もスパコンを利用できます

利用料金の詳細

ニュース

[再掲] Shirokane2 の運用終了と Shirokane3 への引越し

2015 年 10 月 13 日
Shirokane2 利用者各位

ヒトゲノム解析センター (HGC) の Shirokane2 は 2015 年で運用を終了します。 Shirokane2 は 2015 年 12 月 25 日にサポートを終了し、 2016 年 1 月にすべての機器を停止します。

2016 年 1 月以降も HGC の計算機システムを利用する場合は、 Shirokane3 へ「引越し」をしてください。
https://supcom.hgc.jp/internal/mediawiki/current/index.php?curid=343

引越しは、Shirokane3 の新規利用申請書の提出という事務手続きと プログラムの動作確認、データ移行などという作業の 2 つからなります。

2015 年 10 - 12 月は、多数のグループが引越しを行い、混雑が予想されます。 なるべく、早めの Shirokane3 への引越しをお願いします。

Shirokane3 の利用申請

Shirokane3 の利用申請書は以下のページにあります。
https://supcom.hgc.jp/japanese/utili_info/procedure/addition.html

Shirokane3 の利用料金は以下のページにあります。
https://supcom.hgc.jp/japanese/utili_info/procedure/feeS3.html

以下は 11 月 から Shirokane3 を利用開始する申請書を提出した (Shirokane2 の利用は 10 月で終了する) 場合の一般的スケジュールです。

10 月
Shirokane2 を使えます (Shirokane2 の利用に課金されます)。
事前に Shirokane3 にログインしプログラムの動作確認を行いたい場合は、
サポート係にグループを代表してご連絡いただければ、少ないリソースで
Shirokane3 を利用できるようにします。

11 月
Shirokane2 と Shirokane3 を使えます (Shirokane3 の利用のみに課金されます)。
プログラムの動作確認、データ移行をしてください。

12 月以降
Shirokane3 を使えます (Shirokane3 の利用に課金されます)。

Shirokane3 の利用方法

Shirokane3 はログインノードの認証方式や、UGE の利用方法など、 いくつかの点が Shirokane2 から変更されています。 Shirokane3 の利用方法は以下のページにあります。
https://supcom.hgc.jp/internal/mediawiki/current/index.php?curid=257

ご不明な点がございましたらご連絡ください。

一覧へ戻る

ページトップへ ページトップへ

医科学研究所 東京大学

Copyright©2005-2019 Human Genome Center